おぢやファンクラブ

一般財団法人小千谷市産業開発センター 〒947-0028 新潟県小千谷市城内1丁目8番25号 TEL 0258-83-4800   FAX 0258-82-1330

 明石次郎は本名を堀次郎将俊と言い、もともとは明石藩(現在の兵庫県)松平家の武士であった。
 江戸時代中期(1661年ごろ)に現在の小千谷の地に移住し、その際に明石縮の技法を応用して当時の越後麻布を改良して、 緯糸(よこいと)に強いよりをかけて、“ちぢみ”を出す工夫をした。これが夏の高級織物「小千谷縮」として有名になり、小千谷が 縮の集散地として栄える基になった。
 後年(江戸時代後期1848年)、明石次郎の功績を讃えた地域の縮商人によって、小千谷市内(平成町極楽寺境内)に明石次郎を 祀る明石堂が建てられ、現在も残る重要な文化財である。


小千谷縮
 国の需要無形文化財である小千谷縮は平成21年に「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。
 登録を記念した石碑は小千谷市総合産業会館サンプラザ1階入り口前にてご覧いただけます。

スポット情報
名称 明石堂
住所 新潟県小千谷市平成2-5-7 (極楽寺境内)
駐車場 無し
その他 御開帳は9月12日のみ
より大きな地図で かる旅 を表示
関連かるたト
カルタ一覧に戻る