おぢやファンクラブ

一般財団法人小千谷市産業開発センター 〒947-0028 新潟県小千谷市城内1丁目8番25号 TEL 0258-83-4800   FAX 0258-82-1330

 慈眼寺は、飛鳥時代第40代天皇である天武天皇の時代(673~686年)に建立された。
 時は流れて江戸時代後期、明治維新を迎えた日本は、公武どちらに属するか選択しなければならない状況であった。
 どちらにも属さない武装中立の姿勢を貫こうとする長岡藩家老・河井継之助は、慶応4年(1868年)5月2日に西軍土佐藩士・ 岩村精一郎と談判を行った。しかし岩村精一郎はわずか30分で席を立ち、この談判は決裂してしまう。
 この談判の決裂が北越戊辰戦争に大きな影響を与えた。長岡藩は徹底抗戦に入り、乱戦の末長岡城は落城した。 一度は中越震災で被害にあったが、その後復元し、慈眼寺には関係資料と共に談判の場所が保存されており、 当時の様子を偲ぶことができる。
 また、中越震災の際の町の復元の様子や、地震体験などをすることができる「おぢや震災ミュージアムそなえ館」もおすすめスポットである。


スポット情報
名称 慈眼寺
住所 新潟県小千谷市平成2-3-35
ホームページ 慈眼寺ホームページ
より大きな地図で かる旅 を表示

関連カルタ
カルタ一覧に戻る