おぢやファンクラブ

一般財団法人小千谷市産業開発センター 〒947-0028 新潟県小千谷市城内1丁目8番25号 TEL 0258-83-4800   FAX 0258-82-1330

小千谷のお店探し


takanoi-1

高の井酒造株式会社

( たかのいしゅぞうかぶしきがいしゃ )

業種 : 
お買い物 
郵便番号 : 
〒947-0004 
住所 : 
新潟県小千谷市東栄3丁目7番67号 
電話番号 : 
0258-83-3450 
FAX番号 : 
0258-83-4495 
営業日時 : 
8:00 ~ 17:00 
定休日 : 
 
ホームページ : 
 
  • takanoi-2
  • takanoi-3
  • takanoi-4

雪中貯蔵酒発祥の蔵

  • 米・・・米どころ魚沼地区
  • 水・・・魚沼扇状地の伏流水(日本一の豪雪は豊かな水の恵み)
  • 雪・・・豪雪地帯(豊富な水量と天然のクリーンルーム)
  • 技・・・越後杜氏と蔵人の熟練された技術
  • 蔵が位置する新潟県小千谷市はお米で有名な魚沼地区に属します。
    厳冬期には2メートルもの積雪があり、蔵が雪に覆われます。
    その厳冬期に仕込んだ清酒はゆっくりと低温発酵され、雑味のないきれいな味わいに仕上がります。

  • 雪中貯蔵酒発祥の蔵。
    豪雪地帯小千谷市「克雪から利雪へ」
    そんな思いから昭和62年、全国で初めて雪中貯蔵に挑戦いたしました。
    生酒をタンクごと雪山に埋め、約100日間貯蔵します。
    貯蔵された酒はじっくり熟成し、新酒の硬さがとれ、フレッシュでまろやかな独特の味に仕上がります。
  • 仕込み水は魚沼山脈の豊富な雪融け水が地下を伝わり出た軟水を使用。
    軟水で醸し上げた清酒は柔らかくすっきりとした味わいに仕上がります。
  • 雪は空気をきれいにします。
    麹菌や酵母菌などの微生物を使う酒造りには、きれいな空気が大切です。
    また、新潟小千谷の冬の寒さは湿度が高く、気温は低く安定しています。
    一日の中でも蔵の温度は約5℃と、極端な温度変化がありません。
    低温にて長期間もろみとして杜氏、蔵人がほぼ一定で管理し仕込まれたお酒は、穏やかで素直に育ちます。

蔵見学ができます(土、日、祝日を除く) 。 

酒造り期間は11月~3月までとなります。
10時~15時まで受入可能。 1度の受入は観光バス1台(30名)程度。
※事前予約が必要です。
※12月は蔵見学の受入はしておりません。

小千谷へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。お待ちしております。

このお店のFace bookページもチェック!

このお店のおすすめ商品

地図情報

このショップへのクチコミ

このお店へのクチコミ情報を募集中!お気軽にご投稿下さい!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*